おなか快適ライフ〜便秘解消ははやめに!

便秘の原因から解消方法まで徹底解説!人気のサプリも紹介!

お茶は便秘に効くの?

      2016/02/01

便秘にお茶?!

雑誌やインターネット、電車の中吊り広告。この中で、便秘関連の薬や健康食品を目にする機会はとても多いものです。これだけ、現代社会では便秘に悩んでいる人が多いということでしょうか。
便秘に効果があるといわれる方法は、実にさまざまなものがあります。
ヨーグルトなどの乳酸菌を食べるといい、野菜や海藻などの食物繊維が効く、ミネラルウォーターが良い、などなど・・・。
その中で、「お茶が便秘に効く!」というのを見聞きしたことはありませんか?
お茶なら、毎日無理なく摂取できますが、本当に効果があるのでしょうか?

お茶は便秘に効くの?

お茶が便秘に効果があると言われるのは、水分を多く摂取することで便を柔らかくし、排便しやすくなることを期待しているからです。
しかし、ひとくちに「お茶」と言っても、その種類は数多くあります。
その中には、かえって便秘を悪化させてしまうことがあるお茶があるので、注意が必要なのです。

便秘に効くお茶、効かないお茶

緑茶、紅茶、麦茶、ほうじ茶、烏龍茶、プーアル茶、黒豆茶などなど、お茶にもたくさんの種類がありますね。その中でも便秘に効くお茶、効かないお茶があります。

緑茶やウーロン茶はダメ

「お茶」というと緑茶をイメージする人が多いと思いますが、実は緑茶は、便秘に効かないどころか、むしろ悪化させてしまうことがあるので要注意です。

緑茶は、カテキンやミネラル、ビタミンを多く含んでいるので、栄養摂取ができ健康に良いとされていますが、カフェインも多く含んでいるのが便秘には悪影響といわれています。

カフェインには利尿作用があり、摂取した水分が腸に届く前に尿として排泄されてしまいます。このことから便の水分が不足し硬くなり、便秘の原因となってしまうことがあるのです。

紅茶や烏龍茶もカフェインを多く含むので、同じようにスムーズな便通の邪魔をしてしまうことが。でも、大量に飲まない限りOK

便秘中は、多量に飲まないように気をつけましょう。

便秘に効くお茶

逆に便秘に効果的と言われているのがプーアル茶、黒豆茶です。
プーアル茶はビタミンやミネラルを多く含み、また整腸作用があると言われています。プーアル茶はカフェインも含みますがその量はあまり多くないので大量に飲まなければ大丈夫です。

黒豆茶は食物繊維を多く含み、便秘改善に役立つそうです。しかもノンカフェインなので安心して飲めます。

麦茶やほうじ茶は、「便秘に効く!」というほどではありませんが、水分摂取が便秘改善につながることがあります。カフェインが少ないので子どもからお年寄りまで安心して飲むことができるのも嬉しいですね。

便秘にかなり効くけど、飲み過ぎてはいけないお茶

どくだみ茶も便秘に効くと言われています。でも、人によってはお腹を壊してしまうくらい効果が強いので、日常的に飲むにはきついかもしれません。

体が強い人でも飲み過ぎるとお腹を下してしまうので、便秘のためといっても飲み過ぎてはいけません。

トータルバランスで便秘予防を

このように、お茶には便秘に効果があるものと、逆に悪化させる可能性があるものがあるので、飲むときは種類に気をつけるようにしましょう。

また、便秘改善のためとはいえ、飲み過ぎは禁物です。お茶だけに頼ることなく、野菜や豆類など食物繊維の多い食事や、睡眠不足やストレス過多にならないような生活を習慣づけるなど、全体的なバランスで便秘予防を心がけましょう。

 - 便秘に効く食べ物