おなか快適ライフ〜便秘解消ははやめに!

便秘の原因から解消方法まで徹底解説!人気のサプリも紹介!

結局、ヨーグルトって毎日どのくらい食べたらいいの?

      2016/02/28

乳酸菌はヨーグルト任せ?!

b71e5d96cc8145cc50d77c7ab996c3e4_s

仕事や学校、家事、育児など、現代人は忙しい日々を送っている人が多いですね。

忙しいからこそ、毎日の生活を、できるだけ健康に過ごしたいもの。

健康を意識している人は、食生活にも気をつけているのではないでしょうか。

中でも、お腹の調子を整えるヨーグルトを、習慣的に食べる人は多いと思います。

ヨーグルトには乳酸菌がたっぷり。

これで、お腹の調子はばっちり・・・?

本当に、ヨーグルトだけでお腹の健康を保てるのでしょうか。

1日に必要な乳酸菌の量とは

ヨーグルトには、ビフィズス菌などの乳酸菌がたくさん含まれています。

乳酸菌は、腸内の「善玉菌」としてその働きを助け、便秘や下痢をしにいく健康な状態に保ってくれます。

そのために必要な乳酸菌の摂取量は、1日に5000億から1兆個と言われています。

ものすごい数ですが、では、どのくらいの量のヨーグルトを食べれば、便秘などに効果があるのでしょうか。

そもそも、牛乳やヨーグルトなど乳製品は、「乳等省令」という食品衛生法に基づく規格が定められています。

乳等省令で、ヨーグルトには1mlあたり1000万個以上の乳酸菌を含む物、と決められています。

スーパーなどで売られているヨーグルトの多くは、小さいカップで100g前後、大きいパックで400g前後入り。

100gのヨーグルトで、乳酸菌は100億個ほど摂れる計算になりますが、1日に必要な量には、実は足りないということになってしまうのです。

1日に必要なヨーグルトの量は?

とはいえ、乳酸菌はヨーグルト以外の食品にも含まれています。

しょう油や味噌など、発酵させた調味料にも入っているので、意識せずとも摂取しているもの。

それ以外に必要な量を、ヨーグルトだけでまかなおうとすると、1日200〜300g必要と言われています。

これは、小さいカップで2〜3個、大きいカップでも半分は食べなければいけない量。

ヨーグルトが好きな人でも、ちょっと大変な量ではないでしょうか。

また、乳酸菌そのものは、摂りすぎによる悪影響は特にないそうですが、ヨーグルトは脂肪やたんぱく質も豊富。

これらの過剰摂取は内臓に負担をかけますし、ヨーグルトを冷たいまま大量に食べると、冷えなどからかえって体調不良を招くことも。

健康に良いヨーグルトですが、あまり食べ過ぎるのも良くないですね。

乳酸菌はこんな食品にも

乳酸菌は、ヨーグルト以外の発酵食品にも多く含まれています。

前述のしょう油や味噌に加え、納豆、キムチ、ぬか漬け、チーズなど。もちろん、乳酸菌飲料にも豊富に含まれています。

また、善玉菌を増やすには、「えさ」となる食品も重要。「えさ」は、オリゴ糖や食物繊維なので、野菜や果物、豆類を合わせて摂ると効果的です。

ヨーグルト以外にも、バランスよく食べよう

このように、健康のためには、よく言われていることですが「いろいろな物をバランスよく」食べることが大切。

ヨーグルトは体に良く、特に便秘解消に効果の有る食べ物ではありますが、そればかりに頼るのではなく、さまざまな食品をバランスよく食べ、便秘知らずな健康体を目指しましょう!

 - 乳酸菌