おなか快適ライフ〜便秘解消ははやめに!

便秘の原因から解消方法まで徹底解説!人気のサプリも紹介!

寝不足が便秘を加速させる?そのメカニズムとは

   

その便秘、寝不足が原因かも?

AL0012-inemurikaigi20140722_TP_V

野菜や果物、ヨーグルトなどをしっかり食べているし、運動だってしている。

なのに、いつも便秘がちでなかなかスッキリしない・・・。

そんな、お腹の悩みを抱えている人はいませんか?

便秘は、さまざまな要因でなってしまうものですが、その中に「寝不足」もあるのをご存知ですか?

寝不足と便秘。あまり関係がないようなイメージもありますが、実は睡眠は快適な排便ととても深い関係があるのです。

あなたの便秘は、もしかしたら寝不足によるものかもしれません。

寝不足が便秘になるワケ

HOTE86_oyasumitime15234156_TP_V

ではなぜ、寝不足は便秘を招いてしまうのでしょうか。

そもそも便は、食べた物から作られます。この「便を作る」のは、大腸の働きによるもの。

そして、この大腸がよく働くのが、わたしたちが寝ている間なのです。

大腸は、意識的に働かせることはできません。自律神経がコントロールしています。

自律神経には、アグレッシブな交感神経と、リラックスする副交感神経があります。

大腸の働きを促すのは、副交感神経。

そして、この副交感神経が最も活発になるのが、体にとって最高のリラックスタイム、つまり睡眠時間なのです。

寝ている間に大腸のぜん動運動が起き、便を作り肛門付近へ運んでくれるのです。

寝不足で睡眠時間が短いと、この働きをする時間も少なくなり、便秘になってしまうのです。

寝不足で朝はドタバタ。それが便秘を加速させる

8af08c9e3cd9414e72c68c531329e6b1_s

また、健康な状態では朝起きて食事をとると、「胃・結腸反射」という反射が起き、便は直腸へ。

そうすると今度は、直腸脳へ「便がきたよ!」という合図を送り、脳が「便を出すよ!」と指令を出すことで排便が起きます。

ところが、寝不足の場合はギリギリまで寝ていて、ドタバタと出かけてしまっていませんか?

朝食をとる時間も、ましてやゆっくりトイレに座る時間もないことが多くなってしまいがちですよね。

これが、排便習慣を崩してしまい、さらに便秘を加速させてしまうのです。

便秘が続くと、腸内で溜まった便により有毒物質が発生し、腸内細菌のバランスがどんどん乱れてしまいます。

悪玉菌が増えてしまい、さらに腸の動きが悪くなり、より排便しにくい状態になってしまうのです。

また、水分が吸収されてしまい、カチコチの固い便になってしまうことも、便秘を悪化させてしまいます。

睡眠時間をしっかりとって、快便を目指そう

3aea11bd376c76b9695912dea010047b_s

このように、寝不足は便秘の原因になり、どんどん悪化させてしまうことがあるのです。

食事や運動に気をつけているのに、お腹がスッキリしない・・・。

そんな場合は、睡眠時間にも注意してみてください。

早めに寝て睡眠時間をしっかり確保し、朝は早く起きて朝食をとり、その後トイレにゆっくり入る。

これだけで、便秘が解消されることもあります。

便秘で、寝不足の自覚のある人は、ぜひ試してみてください。

 - 便秘と睡眠の関係