おなか快適ライフ〜便秘解消ははやめに!

便秘の原因から解消方法まで徹底解説!人気のサプリも紹介!

冷たい飲み物を飲むとすぐ下痢になってしまう人の対策

   

暑い夏こそ、冷たい物での下痢に注意

summer-still-life-783347_1920

太陽ギラギラ、湿気ムンムン!日本の夏は、とても暑いものですね。

暑いのは嫌だけれど、嬉しいのは「冷たい飲み物や食べ物がとっても美味しく感じる」こと!

キンキンに冷えたジュースやビール、スイカやアイスなど、夏こそとっても美味しくなる物がたくさんありますね。

けれど、ちょっと待って!冷たい飲み物などで、お腹の調子が悪くなってしまう人はいませんか?

「冷たい飲み物は美味しいけれど、すぐお腹を壊してしまう・・・」

こんな人は、意外と少なくないものです。

では、どうして冷たい物で下痢になってしまうのでしょうか。

また、その対策はどうしたら良いのでしょうか。

冷たい物で下痢になる理由

question-1127660_1280

食べたり飲んだりした物は口から入り、食道・胃・小腸を経て大腸へと運ばれます。

おおざっぱに言うと、胃で消化し小腸で吸収され、大腸で残りカスが便へと姿を変え、排泄に至ります。

大腸に到達した頃は、まだまだ水分の多い状態ですが、ゆっくりと大腸内を進むうち、水分の再吸収が行われ、固形の便となるのです。

便は大腸のぜん動運動により肛門へと運ばれ、排泄されます。

冷たい食べ物や飲み物は、大腸を刺激し、このぜん動運動を過剰に活発にさせてしまうことがあります。

そうすると、水分が再吸収されるよりも早く、排泄されることに。

これが、水っぽい便、つまり下痢になってしまう理由です。

ほかにもこんな理由が

また、冷たい物は直接胃腸を冷やすことになります。

通常、胃腸がよく働くとされているのが、37〜38度と言われていますが、冷たい物で冷やされ温度が低下することで、血管が収縮し働きが鈍くなってしまいます。

これが消化不良を引き起こし、結果、下痢をしてしまうことがあるのです。

さらに、冷たい物は体温調節をする自律神経を乱してしまうことも。

自律神経は、排泄にも関与しているので、消化不良の原因となってしまうこともあるのです。

下痢になりやすい人の、冷たい物対策

iced-tea-241504_1280(1)

それでも、夏はやっぱり冷たい物が飲みたい!という方は、以下の方法を試してみてください。

・冷たすぎる物は控えるのが一番。常温程度に温めてから飲むと良いでしょう。

 常温では物足りない!という場合でも、せめて氷は抜くようにしましょう。

・ゴクゴク!と一気飲みするのは我慢!一気に内臓が冷えてしまうので、少しずつ飲むようにしましょう。

 一口含んで、口の中で転がすようにしてから飲むと、口腔内は冷たくなるので満足感を得られますし、飲み込む頃には適度に温まるので内臓への負担が減ります。

drink-55352_1280

冷たい物とは上手に付き合って

それでも、どうしても下痢になってしまったら、無理をせず体を休めることが大切です。

そして、お腹を腹巻きやカイロなどで温め、消化のよい食事を少量ずつ摂るようにしましょう。下痢による脱水に気をつけ、水分は適度に補給してください。

冷えによる下痢にならないよう、冷たい物とは上手に付き合っていきたいですね!

 - 腹痛・お腹が弱い