おなか快適ライフ〜便秘解消ははやめに!

便秘の原因から解消方法まで徹底解説!人気のサプリも紹介!

便秘は大腸ガンになりやすくするってホント!?

      2016/02/01

便秘と大腸ガンの関係は?

便秘になると大腸ガンになるリスクが高まるということをよく聞きます。便秘といえば「マイナートラブル」という感じがしますが、ガンというと怖いですよね。

本当に便秘を放っておくと、大腸ガンを発生しやすくなってしまうものなのでしょうか?
というわけで、今回のテーマは気になるの便秘と大腸ガンの関係です!

便秘が大腸ガンの原因になると言われてきたワケ

便は、口から入った食物が、胃や小腸での消化吸収を経て大腸へと送られ、水分を吸収されながら作られていきます。

便がスムーズに排泄されず、腸内で長く停滞する便秘の状態では、便の腐敗や発酵がすすみ、毒素などの有害物質を発生します。

便秘をすると、この有害物質と腸粘膜がふれあう時間が長くなってしまうことから、「便秘が続くと大腸ガンになるのでは」と考えられてきました。

便秘と大腸ガン、因果関係はナシ?

ところが、2007年の厚生労働省研究班の発表で、「便秘がちでも大腸ガンになる危険度は特に高まらない」との見解がありました。

40歳〜69歳の男女約6万人を、およそ7年間追跡調査し、便通の回数や状態とガンの発生の関係を調べたところ、統計学的に特に差異は認められないというものでした。

このことから、現在は便秘が大腸ガンの発生度を高めるということはない、とされているそうです。

注意が必要な便秘

とはいえ、大腸ガンの症状として、便秘や「便が細くなった」「便が細く切れるようになった」などの排便の変化が見られることがあるので注意が必要です。

「若い頃からずっと便秘」という人や、「週に2〜3回しか出ないのが普通」という人はあまり心配がありませんが、「数年前まで毎日出ていたのに急に便秘がちになった」「便秘と下痢を繰り返すようになった」「便に血が混じる」といった変化が現れた人は要注意です。早めに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

便秘にも種類がある

また、便秘と一口に言っても、その原因や種類はさまざまなものがあります。

■ 便秘になりやすい人

・腹筋力の弱い人・・・女性や高齢者、妊婦、子どもなど
・直腸の反応が鈍い人・・・便意を我慢する癖のある人、便秘薬を常用している人など
・大腸が過緊張状態の人・・・旅行や転居など環境の変化があった人、ストレス過多の人など

結局、便秘は大腸ガンになるのか?というと・・・

さきほどの通り、大腸ガンになると便通が悪くなるなどの症状が現れることはあるけど、便秘だからといって大腸ガンになりやすいというのはないと言われています。

ひとまず安心ですが、大腸ガンになるリスクが増えないとはいえ、ふだんから便秘対策はしておきたいですね!

 - 便秘にまつわる怖い話・病気