おなか快適ライフ〜便秘解消ははやめに!

便秘の原因から解消方法まで徹底解説!人気のサプリも紹介!

寝る姿勢によって便秘解消効果が変わる!あなたはうつ伏せ?それとも仰向け?

      2016/02/01

忙しい人でもできる便秘解消法は?

食生活の多様化や、車社会での運動不足。忙しくストレスをためがちで、睡眠不足に朝食抜き・・・。

現代社会は、これでもかというほど「便秘リスク」を抱えています。

実際、便秘で苦しい思いをしている人も多いことでしょう。

便秘には、食物繊維や乳酸菌、適度な運動に規則正しい生活・・・。

わかってはいるけれど、仕事や子育て、家事に忙しくてなかなか理想通りの生活にはほど遠い。そんな人はいませんか?

そんな忙しいあなたでも、すぐに取り組めそうな便秘解消方法をご紹介いたします。

寝る姿勢に気をつけるだけ!

その便秘解消法とは、寝る時の姿勢にちょっと注意するだけ!

そもそも腸は、わたしたちが寝ている間にこそよく動き、便を作ったり運んだりしてくれます。

それを手助けする「寝る姿勢」があるのです。

便秘解消の寝る姿勢

「うつ伏せ」

まず一つは、ズバリ、うつ伏せです。

うつ伏せ寝は慣れていないとちょっと苦しいですが、自分の体重が適度に小腸を圧迫することでマッサージ効果が得られるとされています。

うつ伏せになって、左右にゴロゴロ転がるような動きをするとより効果的。

小腸がほぐされると大腸の働きもよくなり、それが便秘解消へとつながるというわけです。

10分程度でも効果があるそうなので、試してみてはいかがでしょうか。

「左を下に」

次に、「左を下にする」という寝方です。

人間の大腸は、ちょうど「の」の字のように、お腹をぐるっと回るように位置しています。

そして、「の」の字の終わりのほうに、「下行結腸」「S状結腸」「直腸」があり、この部分に便がたまりやすいそうです。

左を下にして寝ることで、この部分を適度に圧迫・刺激し、便秘解消効果が得られるというわけ。

また、大腸内視鏡(カメラ)を挿入するとき、患者さんはこの「左を下」にした寝方をするそうです。

このほうが内視鏡の入りが良くなるとか。

内視鏡が入りやすい、ということは、逆に便も出やすい、ということ。

これが、「左を下にする」と良い理由です。

睡眠時間と寝る姿勢に気をつけて、便秘解消!

ちょっと意外ですが、このように寝る姿勢が便秘解消へつながることもあるのです。

下剤などの薬に頼るのはちょっと・・・という人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

また、睡眠そのものが、排便には重要なもの。

それは、腸のぜん動運動は自律神経の副交感神経により促されますが、この副交感神経が最もよく働くのが、眠っている間だから。

忙しい毎日でも、できるだけ睡眠時間を確保し、寝る姿勢にもちょっと気をつけて、便秘解消できたら良いですね。

 - 便秘と睡眠の関係